2015年07月06日

【新着情報】道楽で作ったヒップサポート

KOWA TSN-PS1 [TSN-880/770 直視型専用 カメラマウントシステム]をもっと使いやすくしたいと思い、改造しました。
スコープをベースにいろいろとチャレンジされたい方にオススメの逸品です(笑)

①裏面にスライドロングシュー加工
ジンバル雲台などで使おうとすると、ロングシューを別途購入し取り付ける必要があったので裏面に溝加工をしました。さらに、脱落防止ピンに対応する溝を加工。

②ヒップサポートスライド幅を10㎜拡大、20mmしかなかったものを30㎜に加工。

③サービス穴の追加、M3ネジ穴を左右に3か所ずつ計6か所追加。機材に合わせたオリジナルなヒップサポートを装着しやすくしました。また、照準器ベースなどもDIYレベルで装着可能。

④アルマイト加工 黒塗装を剥離し、アルマイト加工。

仕入れ価格をはるかに上回る追加加工となってしまい、採算はとれない道楽製品ですが、
20個強、皆様にお分けすることができます。

お値段は、TSN-PS1税込定価の17200円・・・・(採算割れですが)

【でじすこや】オリジナル TSN-PS1(改)限定販売までお問い合わせください。



投稿者 たーぼ♪ at : 09:58 | コメント (0)

2015年07月03日

【作品撮りのテクニック】 シリーズ(中級編)

作品を狙った写し方は、個々人のセンスにかかわる要素が多いのですが、皆さんがチャレンジするにあたってのヒントをメモしてみました。ひとつひとつの要素を深く掘り下げてみたり、複数の要素を加えて独自の作風を作ってみたり、また、まったく新しい切り口で写してみるのも良いかと思います。
ポイントは「意識して写す」ことだと思います。フィールドに出かける前、フィールドに到着して準備する時、野鳥が目の前にやってきたとき、是非、作品を意識して写してみてください。

①薄暗い時の写し方
②明るい環境での撮影
③遠い時の写し方
④近い時の写し方
⑤早い動きのある被写体
⑥白黒の被写体
⑦枝が手前にあるとき
⑧2羽一緒に写したい
⑨飛翔写真
⑩ドアップ撮影
⑪構図のとりかた

投稿者 たーぼ♪ at : 09:58 | コメント (0)

2015年07月01日

第12回デジスコ写真展 作品募集始まりました!


  ●---------------------------------------------------●
  ○ デジスコ倶楽部「第12回デジスコ写真展」のお知らせ
  ●---------------------------------------------------●

   「第12回デジスコ写真展」の出展作品の応募受付を
   本日より開始いたします。

   是非ご自慢の写真でチャレンジして下さい。
   初心者からベテランまで、多くの方のご応募お待ちしております。

   ■詳細については下記よりご覧下さい
    ┗ http://www.digisco.com/digisco_club/event/nikon/


   *─*【デジスコ倶楽部主催「第12回デジスコ写真展」】*─*

    ≪東京≫
    ■会場:『ニコンサロンbis新宿』
    ■開催期間:2015年9月15日(火)~9月21日(月)

    ≪大阪≫
    ■会場:『ニコンサロンbis大阪』
    ■開催期間:2015年10月8日(木)~10月14日(水)

   *****************************************
    ■お問合せ:デジスコ倶楽部事務局
         ┗ mailto:info@digisco.com
   *****************************************

投稿者 たーぼ♪ at : 10:39 | コメント (0)

2015年06月29日

接続技術の工夫 『カプラー進化論』

16_1dwswaa.gif

DIGISCO.COMの製品にはいろいろな技術的工夫がなされています。
光学機器にとって軽視できない正確な光軸、適切なレンズ間クリアランス。
撮影機材として求められる着脱性の良さや小型・軽量であることなど可能な限り技術を折込み、
ユーザーが「写すこと」だけに専念できるように作りこんであります。

例えば、究具04バリアブルカプラーVCA-1は後に説明するTA4接合方式、側面固定方法、抜け落ち防止ストッパー付レンズクリアランス調整インナーチューブなど『究具』の名前にふさわしい技術がバランスよく取り入れられて、他では真似のできない製品になっています。もちろん、接合カプラーのTA4シリーズが特殊な接合方式の原点ですので、お時間がありましたら『カプラー進化論』をお読みください。
一見、なんの変哲もなさそうなTA3シリーズでも可能な限りの技術が盛り込まれています。
皆様がお使いのパーツのウンチクを知っておくことも良いことと思います。

■カプラー進化論

投稿者 たーぼ♪ at : 11:29 | コメント (0)

2015年06月26日

【撮影スタンス】 写し方シリーズ

撮影時の状況に応じて、どのように写すかいろいろ思っていることをまとめてみます。

①座って写す
②立って写す
③野鳥までの距離
④撮影できる隙間を探そう
⑤追いかけないで待つ
⑥だんだん接近法
⑦背景の選び方
⑧雨の日の写し方
⑨車の中から写す
⑩ブラインドから写す
⑪ハイドから写す

投稿者 たーぼ♪ at : 11:19 | コメント (0)