2014年10月19日

【結果発表】 全日本鳥フォトコンテストの選考結果

全日本鳥フォトコンテスト JBF2014に全国から大勢の皆様にご応募いただき、誠にありがとうございました。

入選作品は、ジャパンバードフェスティバル2014期間中(2014年11月1日~2日)、我孫子市にある千葉県手賀沼親水広場「水の館」3階研修室にて展示し、ご応募いただいたたくさんの作品も、そのほとんど全てを展示させていただく予定でおります。

また、11月2日(日)には「水の館」3階研修室にて審査員〔石丸喜晴(デジスコ写真家)・叶内拓哉(野鳥写真家)・戸塚学(野鳥写真家)・♪鳥くん(我孫子鳥の大使)・中野泰敬(野鳥写真家)〕による全日本鳥フォトコンテスト講演会が開催されます。
是非、JBF2014に足をお運びいただき、鳥への熱い思いがこもった力作の数々をご覧ください。

※今回はデジスコ作品が3点入賞しています。おめでとうございます。

■詳しい情報はこちら

投稿者 たーぼ♪ at : 00:09 | コメント (0)

2014年10月17日

【限定品のご案内】GIM-01スペシャル 2台作ります。

ベアリングやテフロンプレートなど専用設計のジンバル雲台「GIM-01スペシャル」(ただ今命名)。
お陰様で作れば即日完売の人気商品になってしまいました(^^ゞ 
特長はなんといっても動きの滑らかさ。もちろんGIM-01でも十分すぎる性能を持っているのですが、さらに滑らかに静かに動く雲台になっています。ベンロ製のジンバルを使っていたお客様から「次元が違う」と絶賛を頂きました。

今回、棚卸をしていたらアンギュラベアリング、シャフト、テフロンプレートなどが数台分見つかりました。とりあえず完璧に組立できそうなものの余りが2台あります。
ベアリングは開封していますがちゃんとメンテナンスして良い油を入れておきました(純正より上質)
多少、購入部品が必要なので、実費として+4000をご負担ください。

先着2台に限りGIM-01の通常価格+4000円でお分けします。

あと数台はできるかも知れませんが、いよいよ専用シャフトの在庫の底が見えてきました。
次回はいつになるかわかりません。雲台のアップグレードをご計画の方は是非この機会に。



新品でアップグレード品をご購入ご希望の方は【でじすこや】まで価格・納期などをお問い合わせください。

■詳しいお問い合わせはこちら

投稿者 たーぼ♪ at : 10:29 | コメント (0)

2014年10月16日

【ひとりごと】 構想はできているのですが・・・(^^ゞ


気が付いたらNikon1新発売(2011年10月)から3年でこんなにたくさんの機種が発売されています。デジスコに使える機種は概ね7種(Sシリーズ・AWを除く)。しかも、微妙に寸法が変わる・・・メーカーとしても基本寸法を変えるのって不経済に思うのですが目的を果たすためには弄らないといけないのでしょうね。
さらに、VR10-30、11.7-27、10-30PDと標準ズームを3種類。これもどうかなぁ~って思うのですが、より良い画質を得るためにカメラとの相性を考えるとしょうがないのですよね・・・・

今、私は目の前にこの機材を並べてNikon1マルチを考えています。最優先ではないのでゆっくりと抜け落ちの無いように複雑なジグソーパズルを楽しんでいます。

投稿者 たーぼ♪ at : 00:34 | コメント (0)

2014年10月15日

【新製品情報】D&Yadapter 量産先行品

最終的な形状はこれで決まりです。

投稿者 たーぼ♪ at : 00:18 | コメント (0)

2014年10月12日

スワロフスキー Xシリーズ(STX/ATX)コリメートアダプター

スワロフスキーの新型スコープXシリーズ。既存のSシリーズが国内では好調なこともあり、日本での売れ行きはボチボチのようですが、EUでの伸びは順調とのこと。某国サプライヤーからの要望があり、STX/ATXにTurboAdapter&ニコン系カメラユニットが装着できるようにするために「D&Yadapter」(仮)を開発しました。現在は試作版ですが今月中には販売開始できそうです。但し、国内においては極めて少量しか出ないので国内割り当ては20個程度となります。

ちなみに使用可能領域は(25-60倍換算)
LUMIX GM1Kの場合、焦点距離は1050㎜~3840㎜
RX100/RX100MⅡの場合、1280㎜~6480㎜
PowerShot S120の場合、1150㎜~7200㎜
Nikon1V3/18.5or10-30の場合、今回は光量が足りずに1/60秒縛りになるため計測できませんでした。しかし、ケラレ状況を見ると、光量があれば10-30で1400㎜~4860㎜までは使えそうです。

驚異的な最短合焦距離・・なんと対物レンズから3.1~3.3mで合焦します。
チャート試写は3.5mで行ったため、解像感はKOWA TSN-884/TE-11WZ以上に感じます。

基本的にはTA4などカプラーはより薄いものが良いみたいなので、今回はTA4-2が大活躍です(笑)


投稿者 たーぼ♪ at : 22:29 | コメント (0)