2016年04月26日

【撮影スタンス】 ⑪ハイドから写す

【撮影スタンス】 写し方シリーズ

バードサンクチュアリなどには野鳥が飛来するポイントに、野鳥と人を隔てる壁を作りその壁に野鳥観察用の穴を設けている施設があります。この、観察用の壁は「ハイド」と呼ばれています。
ブラインドと同様の効果があり、野鳥を警戒させずに観察することができます。多くの場合、ハイドは「観察用」とされていますがマナー良く活用できるならば「撮影」にも使用できます。
三脚・雲台を工夫しながら穴の大きさに制約され狭い範囲にはなりますが、野鳥の自然な姿を写すことができます。
野鳥を探すことなく目の前に現れますので、初心者の方にはオススメの撮影方法です。
ここでのマナーは限られた観察スペースなので「長時間独占しないこと」「譲り合う配慮をすること」「大声で話をしないこと」などです。公共の場所なので皆で楽しく使えるように心がけましょう。

投稿者 たーぼ♪ at : 00:53 | コメント (0)

2016年04月25日

【撮影スタンス】 ⑩ブラインドから写す

【撮影スタンス】 写し方シリーズ


例えば、ヤマセミのように人間に対して神経質な野鳥の撮影はブラインドと呼ばれる仮設のテントや迷彩ネットなどで作った常設の身を隠せる撮影場所から写す方法があります。野鳥の感や視力は驚くほど高いので、ほとんどの場合、野鳥からは隠れきれていないのですが野鳥からみると「あそこからは出てこない」という安心感を与えるのだと考えられます。
ある意味、野鳥に接近するためのマナーの一つのような気がします。夜明け前に現地に到着し、ブラインドや撮影機材をセット。野鳥がいてくれる間は脅威を与えない配慮をしながら撮影し、例えブラインドの中であっても無闇に動かない。野鳥が飛び去って視界から消えてから撤収する。こんな思いやりのある気持ちで撮影します。
但し、仮設のテントブラインドも常設ブラインドも敷地の主権者の許可を得るか、周辺に迷惑をかけない充分な配慮が必要です。

■詳しいお問合わせは

投稿者 たーぼ♪ at : 15:34 | コメント (0)

【撮影スタンス】 ⑨車の中から写す

【撮影スタンス】 写し方シリーズ

多くの野鳥は「車」に対しては警戒心が薄いと言えます。車を降りて姿を見せるとすぐに逃げてしまう鳥も、そっと近づいて車を止めると不思議と反応しません。鳥のそばに来て窓をあけると逃げる場合がありますので、窓は半開き程度で迫ったほうが良いと思います。
具体的には、助手席に三脚・雲台をセットして機材を取り付けます。助手席側の窓を明け、撮影します。
撮影できる範囲は限られますが、不足した領域は車を移動してカバーします。運転席に座って操作をするので腰をひねった状態での撮影になります。三脚のエレベーターを多用しますので指を挟まないように注意しましょう。
この撮影法は、自動車の運転に関わりますので、交通安全には細心の注意をはらってください

投稿者 たーぼ♪ at : 15:28 | コメント (0)

2016年04月23日

【撮影スタンス】 ⑧雨の日の写し方

【撮影スタンス】 写し方シリーズ

天候がいまひとつでも撮影に出かけなければならない場合もあります。現地に到着したら雨が降り始めた・・・などということは良くあることです。もちろん出直すのも良いのですが、せっかくだから撮影してみるのも良いと思います。
一般的には野鳥の警戒心が少なくなり、近くで写せるチャンスともいえます。
この場合、機材の濡れや雨具に気がとられ集中力が乱れがちです。雨に対する機材と自らの雨よけなどに工夫が必要です。
屋外に出て写す場合には機材をビニール袋などでしっかり防水し、雨中でもカメラユニットに水が入らないようにします。また、自らはゴアテックス素材などの性能の良い雨具を身につけるのが良いでしょう。
他には、ブラインドを雨避けを兼ねて活用したり、車の中からの撮影にしたり、ハイドや建造物の中から写すなどの方法もあります。

投稿者 たーぼ♪ at : 02:55 | コメント (0)

【撮影スタンス】 ⑦背景の選び方

【撮影スタンス】 写し方シリーズ

・背景の種類
背景の選び方は撮影のセンスやテクニックのポイントとなるところです。一般的には近い距離に枯れた葦やススキ・土塊などガサガサしたものがあると良い結果が出ません。なるべくスッキリした背景になるようなもの(例えば青空や水面・日陰・新緑など)を選んだり、花などの綺麗な色合いや雰囲気を持つものがあると良いでしょう。

・背景までの距離
花など、撮影時に主張させたいものは比較的近い距離でも良いでしょう。それ以外は一般的に被写体までの距離の半分ぐらいの距離があると綺麗にボケてくれると思うので作品のイメージを作りやすいと思います。

・背景の色合い、明るさ
コンパクトデジタルカメラは色や明るさに対するダイナミックレンジが狭いので中間の淡い差を出すのが苦手です。そこで、暗い背景であれば少し余計にマイナス補正して黒を潰してしまうなどのテクニックを使います。一般的には被写体の色合いをしっかり出すためには背景は暗めのほうが良いでしょう。

投稿者 たーぼ♪ at : 02:33 | コメント (0)